【一人暮らしへの道:番外編】アパートの更新の時に実際にしたこと・かかった費用

【一人暮らしへの道:番外編】アパートの更新の時に実際にしたこと・かかった費用

こんにちは、ヨシノ(@nonizm)です。

【一人暮らしへの道:番外編】アパートの更新の時に実際にしたこと・かかった費用
さて、一人暮らしへの道シリーズ番外編です。先月はアパートの更新月だったのでそのまとめなど。

一人暮らし開始から2年経ちました。そもそも更新って何なの?

【一人暮らしへの道:番外編】アパートの更新の時に実際にしたこと・かかった費用
一人暮らし開始から2年経って、何の問題もなく更新の日を迎えました。

問題があるとすれば2年前に何の確証もないのに「更新する前に結婚するだろ」と思って、更新費用用意しとかなかったことくらいです!(笑…えないけども!!)

そもそも賃貸物件の更新って何なんでしょうか。無駄に家賃1ヶ月分多くとられてイラッとするわ!という方も多いと思います。うん、私もイラッとする。

賃貸契約はケースにもよりますが、基本的に期限を区切っての契約になります。私の場合は「2年間貸してくださいね、もうちょっと借りたいときは2年経ったら契約更新するね。そのときの契約更新料は家賃1か月分ね。」という内容で契約しているわけです。だいたい2年更新の更新料1~2ヶ月分がスタンダード。

正直契約更新料1ヶ月分って何の費用だよ!と思うけど、日本はこういう風習です、と納得するしか。(嫌だったら更新料かからない物件もあるみたいなので、選択肢は少なくなりますが、探して見るのもいいかもしれません)

いいことがあるとすれば家賃値下げ交渉ができるのはこのタイミングです。(私はしなかったけども)2年経ったことで物件の価値が下がっているなどの理由で家賃の値下げを交渉することができます。

私が一人暮らし開始時に読んだ本には割と受け入れてもらえるパターンが多い、と書いてありました。

スポンサーリンク

で、賃貸物件の更新時って実際何やるの?

【一人暮らしへの道:番外編】アパートの更新の時に実際にしたこと・かかった費用

私が更新時にやったこと

  • 不動産屋さんから送られてきた更新契約書などに記入・捺印→身分証明書のコピーと一緒に返送
  • 更新料入金
  • 火災保険料入金

実は面倒くさくて、書類が送られてきて1ヶ月くらい放置してたら不動産屋さんから電話かかってきて催促されてやっと更新手続きしました(笑)

やってみると大して大変な作業でもなかったです。(まず封筒開けることすらしなかったしな!)

書類は更新契約書2通(多分不動産屋さん用と控え)と入居申込書の3通。住所・電話番号・職業・年収とか書いて捺印の上返送しました。身分証明書のコピーが面倒くさいくらいかな。

スポンサーリンク

更新にかかった費用内訳

【一人暮らしへの道:番外編】アパートの更新の時に実際にしたこと・かかった費用

実際のアパート更新費用

  • 更新料(家賃1か月分/共益費は除く)60,000円
  • 更新事務手数料5,400円
  • 火災保険加入費15,000円

計 80,400円でした!!

高いよばかー!!!!・゚・(゚`Д´゚)・゚・(思わず普段使わない顔文字を使い出す始末)

このブログ書くまでは淡々と払っただけだったんですが、改めて金額見ると凹むわ!欲しいものいっぱい買えるね…(遠目)

なんとなく腑に落ちない感がありますが、2年前に契約したのも私だし、このアパートの住み心地は本当にいいので後悔はしてません。かかる費用に改めて呆然としただけ…(笑)

というわけで、アパートの更新についてでした。それでは、また!

お気に召しましたら応援おねがいします

 
トラコミュ:トラコミュ:ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活 / 住まいと暮らし

Facebook:日常の本懐 on Facebook
Twitter :@nonizm

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter でヨシノを
スポンサーリンク

シェアする

フォローする