社会人歴10周年の私が普段仕事をする上で心掛けている7のこと

こんにちは、ヨシノ(@nonizm)です。

さて、今年の4月で思えば社会人歴10周年だったので、普段の仕事に対するスタンスとか考え方とかを自分なりにまとめてみました。

スポンサーリンク

社会人歴10周年、今の会社は4社目で過去最高年収(※大した額じゃない)

社会人歴10周年の私が普段仕事をする上で心掛けている7のこと
4月だし、新社会人に向けたポストとかしようかしらーって思って数えてみたら社会人歴ちょうど10周年になっていました。おわー、びっくり。どうりで年とるはずだわ。

私は3年制の専門学校を卒業後新卒で就職し、その後何回か転職しています。あまりにブラックすぎてすぐ辞めた会社(給料払ってくれないし、理不尽すぎてトイレで毎日泣いてた)を除けば今の会社で4社目。

転職回数は同じ年代を見ると多い方だと思います。

今は自社のプロモーションを統括する部署にいて、デザイナー兼ディレクター兼企画のようなお仕事です。

お給料は凄く良いわけじゃないけど、年収だけ見ると同年代の平均はこえてるようなかんじ。自分でやりたくてやってる仕事だし、毎日仕事内容が全く違って、本音で仕事が面白いです。もちろん嫌なことだってあるけど。

おまけに残業代はしっかり出るし、残業は少ないし、上司は割とできた人(体育会系の気はあるものの)なので恵まれた環境だなあと思ってます。昇給したしな!(笑)

そんな私の普段仕事をする上で心掛けていることをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

私が普段仕事をする上で心掛けている7のこと

1.報連相はちょっとしつこいくらいが丁度いい

ぶっちゃけコミュニケーションのススメ。社会人歴10周年の私が普段仕事をする上で心掛けている7のこと
大前提として、意外と上司は部下の仕事を見ていない、というのが実感としてあります。

上司には上司のお仕事があって、部下の仕事の細部までチェックしてる暇など普通はないです。

私は「これ報告しなくてもいいかな?」と迷うレベルのことも報告するようにしています。

「余計かな?」って思うような事は別に格式ばって言う必要はなくて、口頭で軽く。

今の上司には、過剰だった報連相については「ん?一生懸命働いてるアピールか?(笑)」ってたまに言われるけど(笑)基本普通に受け入れてもらえます。

っていうか報告過剰でキレるような上司は見放していいと思う。絶対的に報連相するリスクより報連相しないリスクのほうが明らかに高いと思うわけです。もちろんタイミングは図るべきだけども。

2.コミュニケーションは積極的に。無理だったら人間観察しよう

社会人歴10周年の私が普段仕事をする上で心掛けている7のこと
私はコミュニケーションに自信がありませんでした。いや、今もありません。初対面の人怖いし、基本人の目見ないでしゃべる。実はコミュニケーション苦手だからデザイナーになったみたいなところある。(笑)

でも皆口揃えて言うけど、どんな仕事でもコミュニケーション重要だよねー。知ってる。知ってるよ!

仕事をする上で、周囲の人間がどういう性格なのか知っておくことと自分が周りにどういう人間か知ってもらうことって必要だと思うのです。

だから会社の端々での世間話に交じって損はないはず。もちろん上司にサボってると思われない且つ、自分の仕事に弊害がない程度に。

私は重要なのはコミュニケーションじゃなくて、情報共有だと思っていて、情報共有のためにコミュニケーションがあるのかな、と。

コミュニケーションが直接仕事に繋がってるわけじゃなくて、人から出てくる言葉とかニュアンスを感じて、自分の中で蓄積しておくことで仕事に活きてくるという図式。

だからコミュニケーション苦手だったら人間観察から始めてもいいのかな、と。そのうち周囲の人の事が理解できるようになるし、そうするとコミュニケーション取ることも怖くなくなるはず。

あと意外と「自分コミュ障なんで」って前置きすると優しい目で見てもらえるよ☆(笑)

3.判断するときに報告できるレベルの理由・言い訳を考えておく

ぶっちゃけコミュニケーションのススメ。社会人歴10周年の私が普段仕事をする上で心掛けている7のこと
どんな小さいことでもある程度自分に任されている裁量というのが働いていれば必ず何かしらあると思うのです。

例えば飲食店の店員さんが自主的にお冷がなくなっている席に水を注ぎに行くのも、その店員さんの裁量。

私はどんな小さいことでも何かを自分の裁量で判断した時に上司が納得してくれそうな理由を考えておくようにしています。

例えばA案かB案で迷って、Bと決断したとします。その決断が全く何も考えておらず、直感によるものだとしても、上司には「ターゲットを鑑みて、○○は△△の傾向があるので、B案にしました」くらいは言えるように考えておくべきだと思ってます。ただのこじつけでも上司が納得しそうならそれでいい。だって承認さえ貰えば責任は上司がとるんだし。(身も蓋もない考え方ですが!)

これは一見リスクヘッジでしかないんだけど、そうやって判断の言い訳を考えておく癖をつけると自然に理論的に考えられるようになるし、結果言い訳が思いつかなかったら自分の判断って間違ってるんじゃないか?って省みるきっかけにもなります。

そういう風に理論的に客観的に判断できるようになってくると、仕事の評価があがってくると思って仕事をしてます。結局自分の意見通せたほうが仕事も楽しいし、やりがいも生まれるし。

4.「できません」と言う前にぶっちゃけ話をしよう

本音コミュニケーションのススメ。社会人歴10周年の私が普段仕事をする上で心掛けている7のこと
30代になって、友達やフォロワーさんにマネジメント側の人もちらほら出てきて、ツイート拝見したり、話聞いてるとよく思うんだけど「そんなのできません」「無理です」「私の仕事じゃありません」って若い子って言うよね!恥ずかしくないのかな!?って。

でもよくよく考えて見ると、20代のころ私も思ってたし、実際口に出してたなー!(笑)

場数を踏んできたっていうことで、出来ることが増えてきたっていうこともあるんですが、この年になると「こんなこと出来ません」っていうの恥ずかしいし、リスクが大きすぎて出来なくなる。30代で口に出してる方そろそろやめましょう。

仕事で上司から依頼されたことに対して「できません」「無理です」っていうのって明らかに自分の価値を下げる発言だと思うんですね。上司は出来ると見込んで仕事投げてきてるわけです。

でも明らかに無理なケースってあると思うんですわ。アホな上司が丸投げしてくるのとかな!スキル的に明らかに足りてないのとか、納期的に難しいとか。

そういう時は第一声で「できません」という前に私はぶっちゃけて自分の状況とかスキルとかを話すようにしてます。

今の自分の抱えている仕事状況、優先順位、今までの経験で得たスキルでできること、依頼された仕事をするにあたって不安なこと、安易に請け負ってしまった場合のリスクとか。

一番判りやすいのはリスクを提示すること。上司はリスク管理する立場の人なので、大概どういうリスクがあるかしっかり説明すれば理解してくれるはずです。(上司がマトモな人だったらな!)

「○○まではできると思いますが、△△は不安なのでサポートお願いしてもいいですか?」みたいな言い方も有効だと思う。きっと可愛い部下ポジションをゲットできる(笑)

5.「仕事だから楽しくないこともある」ことを理解する

ぶっちゃけコミュニケーションのススメ。社会人歴10周年の私が普段仕事をする上で心掛けている7のこと
仕事楽しそうにしてる友達とか見ると「あれ、私仕事全然楽しくないんだけど。やめたほうがいいのかな?向いてない?恵まれてない?」って思うこともあると思います。

でも仕事が楽しい!楽しいことしかない!っていう状態でお金貰ってるのなんて本当に一握りの人だけだと思うのです。

大半の人は大抵仕事しんどいし、できることなら働きたくないって思ってる。私も仕事は楽しいって思ってるけど、お金あったら多分働きません。もちろん辞めたいって思う瞬間もある。

お金貰ってやってることなんで、ある程度我慢しないといけないこともあるのは当然です。でも私は楽しいこともやりがいもなくて、毎日嫌々会社に行くようになるのは嫌だなって思ってる。

皆さんの会社を一番辞めたいって思うタイミングっていつでしょうか。私は理不尽さを感じたとき。猛烈に頭に来るし一気にモチベーションが下がる。(私の場合は大抵上の人の決断がどう考えてもおかしくて、誰の役にも立たない無駄な仕事させられるときとか本当にやめたくなる。笑)

そういう時は大概上司にぶつけます(笑)私の今の上司は割と話を聞いてくれる人なので、甘えさせていただいています。上司が理不尽だったら思いっきり同僚や友達に愚痴るのもいいだろうし。

一番大事なのは「仕事なんだから楽しくないこともある」ってちゃんと理解しておくことかなーって思います。

毎月お給料もらえてるのは何でだっけ?ってことをまずしっかり自覚する。それで散々上司や友達や同僚に愚痴って、「これも仕事」って思えたらなんとなく私はふっと気持ちが軽くなります。

仕事の楽しさってある程度自覚できると思うんです。「目標達成できた」「お客さんからありがとうって言ってもらえた」「同僚の支えになることができた」「上司に褒められた」とかね。

それに反して負の部分がどうしても理解できない事が多いんだけど、仕事をやってる上で自分が貰ってる対価を鑑みるのも重要なのかな、と。

それでも納得できないなら無理に会社にい続ける必要ないのかなって転職3回経験した身としては思います(笑)

6.情報収集は複数のメディアで日常的に

【長文】本音コミュニケーションのススメ。社会人歴10周年の私が普段仕事をする上で心掛けている7のこと
働いている会社の業種や職種によって必要な情報ってかなり変わってくると思います。もちろん業種・職種特有の専門的知識も必要なんだけど、一般人感覚もめちゃくちゃ重要だと思ってます。一般人というか商売相手のこと、ですね。

だから複数のメディアで情報収集するようにしてます。

私の情報収集の方法・使っているメディア

  • (毎日)朝のTVニュース
  • (毎日)ネットニュース気になったの拾い読み
  • (週に1回)業界紙を隅から隅まで読む
  • (毎日)業界のポータルサイトのニュース項目に目を通す

仕事の合間に息抜きとしてやってることも多いんだけど、情報収集するのとしないのでは全く話についていけるかいけないかって明確に分かれるから欠かせません。本当に若い頃から習慣づけることをおすすめします。

相手と世間のニュースの話題で全く話がかみ合わない時とか遠目になる。ガッカリするし、「この人何もわかってないな」って思っちゃうので、自分もそう思われないように必須。

7.仕事以外の楽しみを見つける

【長文】本音コミュニケーションのススメ。社会人歴10周年の私が普段仕事をする上で心掛けている7のこと
最後これかよ!って思いますが、実はこれが一番大事じゃない?って思ってる(笑)

もうね、結局仕事なんか死なない程度にやってりゃいいんですよ。別に仕事に生きがいとかやり甲斐なんかなくてもいいし、働き続けてるだけで十分尊いことですよ。

恋愛とか家族とか友達づきあいとか趣味で日々が楽しければ、仕事がつまんなくてもいいんじゃない?って本当に思ってる(笑)

だって週末楽しいことが待ってたら、どんなに仕事しんどくても週末まで頑張ろうって思えるし、仕事辛かったら辛かっただけ金曜日の夜のビールが美味いし!

だから身体壊しそうになるまで仕事する必要なんかないし、辛かったら逃げるべき。そう思うことで肩の力が抜けて、いい仕事もできるんじゃないかなーって思います。

スポンサーリンク

まとめ:本音コミュニケーションのススメ

【長文】本音コミュニケーションのススメ。社会人歴10周年の私が普段仕事をする上で心掛けている7のこと
これは私が環境に恵まれてるっていうのもあるんですが、極力本音を周りに言って、自分のことを理解してもらうと、自分の無理のない範囲での仕事が可能になるのかなーって思います。

何も言わないで言われたとおりに仕事する人って無限に仕事任されちゃうから、私は「俺はお前の上司であって友達じゃねえわwww」って言われるほどぶっちゃけて仕事してます。(歴代の上司に漏れなく言われてきたお言葉)

もちろん一方的に理解してもらうんじゃなくて、相互理解が重要。貴方のことも理解するから、私のことも理解してね。お互い気持ちよく仕事しましょうね、っていうスタンス。

まとめとしては、本音を周囲に伝えながら仕事すると楽だからおすすめです、ということ。なかなかうまくいかないことの方が多いけどね。

本音コミュニケーションのポイント

  • 自分のことを理解してもらう前に相手(周囲)のことを理解する
  • 自分の考え方に一般性・大衆性のあるしっかりとした理由を持たせる
  • 自分の考え・気持ちを伝えることを怠らない、且つ相手の気持ちを聞くことを怠らない

以上!大川竜弥さんの写真と共に社会人10周年記念のまとめとして、自己啓発っぽい胡散臭い記事をお送りしました(笑)最後までお付き合いいただきありがとうございました!明日から通常運転するから引かないで!

それでは、また!

私が仕事をする上で役立った本▼

お気に召しましたら応援おねがいします

 
トラコミュ:会社員!サラリーマン・OL / 就職・転職・仕事・求職・求人・バイト

Facebook:日常の本懐 on Facebook
Twitter :@nonizm

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter でヨシノを

シェアする

フォローする

コメント

  1. くろねこ より:

    何時も楽しく拝見しております。
    今私は転職活動中(まだ始めたばかり)でして、仕事についての記事だったので思わずコメントしてしまいました(笑)

    これからも、楽しくブログ読ませて頂きます。

    • ヨシノ より:

      くろねこさん>
      はじめまして、こんな辺鄙なブログに遊びに来てくださってありがとうございます!
      くろねこさん転職中なんですね。
      転職って本当に体力使いますが、私は正直転職して確実に環境はよくなったので、
      根気強く頑張ってくださいませ!

      嬉しいコメントありがとうございました♪