無印良品の観葉植物「底面吸水」VS「ハイドロボール」育てやすいのはどっち?

こんにちは、ヨシノ(@nonizm)です。

スポンサーリンク

無印良品の観葉植物「底面吸水タイプ」「ハイドロボールタイプ」どちらも愛用中です

無印良品の観葉植物「底面吸水」VS「ハイドロボール」育てやすいのはどっち?

現在のベッドボードの底面吸水のアクアポット三兄弟はこんなかんじ。


我が家の観葉植物は3カ所、5個あります。トイレとベッドボードとチェストの上。

実はどれも無印良品の観葉植物で我ながら無印好きだなあ、と思うんですが、手を伸ばしやすい価格だし、容器がシンプルなのがツボでちょくちょく買っています。

今「底面吸水タイプ」のアクアポットが4つと「ハイドロボールタイプ」が1つです。

それぞれどんな観葉植物なのかは下記の記事をみていただくとわかると思います。

もう枯らさない!シンプル&お世話が楽な無印良品インテリアグリーン
こんにちは、ヨシノ(@nonizm)です。 良品週間でいろいろ買ってます。今回はかなり色々買ってしまってます。お買い物楽しいネ!(自棄...
http://nonizm.com/interior/post-5841/

ベッドボードの3つなんかは購入から半年くらい経ってますが、どれも元気だし、そんなに手はかけていません。すごくどれも育てやすくて気に入ってます。

観葉植物はある程度、消耗品なのかなあと思うこともあるんですが、無印良品の観葉植物を買うようになってからは印象が変わってきました。

スポンサーリンク

MONOQLO×LDK特別特集「無印良品 最強バイブル」に気になるレビューが

無印良品の観葉植物「底面吸水」VS「ハイドロボール」育てやすいのはどっち?
発売当初(2013年2月)に買って、気にってちょくちょく読んでいるムック本でMONOQLO×LDK特別特集「無印良品 最強バイブル」という本があります。

雑誌LDKらしい凄く率直な専門家によるレビューが好きで、何かっていうと参考にさせていただいています。

最近読み返していて気付いたんですが、観葉植物のレビューで「アクアポット(底面吸水タイプ)よりハイドロカルチャー(ボール)を選ぶべし」と書いてありました。

レビューによると根腐れを起こすこともあって、実は上級者向けのアイテムだそう。

私は記事にしたとおり凄く育てやすいと思ったので「えー!そうなの!?」と思いました。

実際に私が育てている中でいいところ・ダメなところそれぞれあったので、私なりに比較してみたいと思います。

スポンサーリンク

実際に育ててみてどっちが育てやすいか

底面吸水タイプのいいところ・悪いところ

良品週間で買ったもの1:物ぐささんも枯らしません!無印良品のアクアポットが可愛い上にお世話しやすいよ

こんな構造です


○ガラス容器じゃないのに吸水のタイミングが分かりやすい
×土で育てるタイプなので衛生面がちょっと心配

お世話しやすくて見た目もいいって最高!って思う。それだけでいいじゃん完璧だよって褒め称えたい。

さすがに半年も育てているともじゃもじゃになってくるので、何回かハサミで選定してます。

私は基本的に数日毎に覗いて、カラカラになってから吸水していたので、正直根腐れするほどマメに吸水してません(笑)

そういう意味でも良かったのかもしれません。

ただ土を使っているので、衛生面としてどうかな?という心配はあります。ベッドボードに置いているものもあるので、虫がわいたら…と思うとぞっとしますが、今のところは全く問題なし。

上から吸水しないので、土が減ったりもしません。たまに栄養剤とかも使ったほうがいいのかなーとも思ったり。
http://nonizm.com/interior/post-3384/

ハイドロボールタイプのいいところ・悪いところ

無印良品の観葉植物用ハイドロボールで植え替え!緑コケのない綺麗な状態を保つ

暑い時期になったらこんなことに…!


○吸水のタイミングはわかりやすい
×ガラス容器なので水垢などの汚れが目立つ

前回の記事でお伝えしたとおり汚くなるのです!見た目が!

マメにメンテナンスできる方だといいのかもしれませんが、ヨシノはずぼらなので「これ汚いなあ」と思いながら数週間過ごしたわけです。

だから手放しでいいよ!とは言えないというのが正直なところです。ハイドロボールタイプはガラス容器じゃないものもありますが、それだと逆に吸水のタイミングがわかり難いしで、良し悪しです。

結論:初心者でもマメな人は「ハイドロボール」ものぐささんは「底面吸水」がおすすめ

無印良品の観葉植物「底面吸水」VS「ハイドロボール」育てやすいのはどっち?

うちの一番の新入りのアクアポットちゃん。すくすく育ってます。

  • マメな人→ガラスをマメに洗って、ハイドロボールタイプ
  • ものぐささん→根腐れしない程度に放置できる底面吸水タイプ

ヨシノは底面吸水タイプのが好きっていうだけです(笑)

正直植え替えも全然したくないし、買って来たままでそのまま瑞々しい状態を保てればそれでいいと思っているので、底面吸水タイプは私向き。

フェイクグリーンは見ていてちっとも癒されなくて好きじゃないので、本当にお手入れのしやすさって重要。

もちろんマメな人でも根腐れしないようにしっかり管理すればアクアポット(底面吸水タイプ)も難なくうまく育てられると思いますし、いくらものぐささんでも吸水を完全に忘れちゃったら枯れますからね!!(笑)

主観によるおすすめなので、実践しながらうまくつきあっていただくといいのかな、と思います。

無印良品の観葉植物はこの2つのタイプのほかにも壁面に付けられるものとか、最近は水中植物なんかもあるので、自分にあったタイプを見つけてみてくださいね。

それでは、また!

観葉植物の情報は下記の記事もおすすめです!

もう枯らさない!シンプル&お世話が楽な無印良品インテリアグリーン
こんにちは、ヨシノ(@nonizm)です。 良品週間でいろいろ買ってます。今回はかなり色々買ってしまってます。お買い物楽しいネ!(自棄...
無印良品の観葉植物用ハイドロボールで植え替え!緑コケのない綺麗な状態を保つ
こんにちは、ヨシノ(@nonizm)です。 無印良品の観葉植物のメンテナンスについてのご紹介です。 我が家のトイレにある観葉植物は無...

http://nonizm.com/interior/post-952/
ハイドロカルチャーでも鉢が二重になってるのもあるのですね。それも試してみたいなあ。
  

お気に召しましたら応援おねがいします

 
トラコミュ:Flower & Green / 園芸・ガーデニング / やっぱり好き MUJI 無印良品 / * 無印良品( MUJI )との生活 * / 無印良品 オススメのモノ~ ♪♪

Facebook:日常の本懐 on Facebook
Twitter :@nonizm

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter でヨシノを

シェアする

フォローする