「100均のものを極力買わないという選択」好きなアイテムに囲まれて暮らす

こんにちは、ヨシノ(@nonizm)です。今回は私の買うものを選ぶときの考え方についてです。

スポンサーリンク

100均好きですか?私はあんまり好きじゃない

「100均のものを極力買わないという選択」好きなアイテムに囲まれて暮らす
100円均一ショップ、略して100均。近年そこかしこに出来てて、割といつでも混んでいるイメージです。

一人暮らしの方だと生活スタート時とか100均をうまく活用して初期コストを下げたという方も多いのかもしれません。

私は100均はあまり好きではありません。

何金持ちぶってんだ!と思われるかもしれませんが、私は「どちらかというと」などと使わなくても済む程度にハッキリ貧民です(真顔)でも100均のアイテムは基本的には選びません。

ただ「好きじゃない」だけで「嫌い」とまではいきません。好きな商品もあるし、セリアとか巧く使いこなせればいいんだろうなーと思ったりもします。

100均があまり好きじゃない理由

  • ときめく商品の割合が一般のお店と比べて偉く少ない
  • 作り手のプライドが見える商品がない
  • この商品が100円って本当に安いですかね?という疑問
  • 好きな商品が度々廃盤になる(これは100均に限った事じゃないですが)

読んで字のごとくですが、年をとればとるほど拘りぬかれた作り手の想いが見える商品をどうせなら手に取りたい!という気持ちが強くなってきています。

そういう意味では、100均のものはベストセラーになった商品の模倣品のようなものばっかりで、「あ、コレあの商品と似てる…。これで事足りるけど、これ買うの嫌だなあ」という気持ちになります。

自分がクリエイティブに関わる仕事をしている関係上、どうしても模倣品のようなものにお金を使う気にならないのだと思います。(実は先日ご紹介したLush エディターズバックは模倣品ぽくない?と言われたらおしまいなんですが!笑←その程度です)

あと大してお菓子食べないし、食料品買うときはもっぱら生鮮品なので、100均に頻繁に用がないということもあります。(勝手な先入観ですが、100均好きな人ってお菓子を買ってるイメージあるなあ)

スポンサーリンク

自分が納得して買った物を長く使い続けたい

「100均のものを極力買わないという選択」好きなアイテムに囲まれて暮らす

最近一番のときめきもの「チプカシ」

使う度にテンションがあがるものだけで暮らしたい

100均の商品を使ってて、わくわくしますか?私はしません。

私は自分のお気にいりのアイテムを使う時のわくわく感が凄く好きです。今の一人暮らしの部屋には自分で選んだものばかりなので、手に取るものほとんどがわくわくの対象です。

何か使う度に「やっぱこれ最高に使いやすい!」「何度見てもうっとりする~」とかいちいち思いたい(笑)

100均という選択肢を外しているわけではありません

何か欲しいアイテムがあったときに別に100均を完全に選択肢から外しているわけではないのです。

以前ご紹介したセラーメイト「これは便利 調味料びん」が綺麗に収まるケースを探していた時は「こういうニッチなサイズのケースは100均にあるのでは!?」と思って、3件くらい100均ハシゴしましたし。(結局なかったけど!)

もちろん安い分には嬉しいし、私が思わずうきうきしてしまう商品ももちろんあると思うのですが、あのわくわく率の著しく低い膨大な商品の中から自分のお気に入りを見つけると思うと、正直労力の方が高くつくんじゃなかろうか、とどうしても思ってしまいます。

スポンサーリンク

唯一私が100均で買い続けているもの

「100均のものを極力買わないという選択」好きなアイテムに囲まれて暮らす

思いっきり使いかけですみません…!

ダイソー:アイブロウコート

私が唯一「最高!」と思っている100均の商品は言わずと知れた名品ダイソーの「アイブロウコート」です。これだけはどこにも代替え品がないんですよ!!いつ廃盤になるか冷や冷やしてる。(まあ、人気商品だろうから早々なくなるってことはないと思いますが)(というか事実今日買いに行ったら見事に欠品してたし!)

もう何本リピートしたか判りません。これは後日別にご紹介したいと思います。

まとめ:100均に限らず「これでいいや」っていう買い物の仕方はよくない

「100均のものを極力買わないという選択」好きなアイテムに囲まれて暮らす

友人に1枚貰って、自分で1枚買い足した最近超絶お気に入りのby|n(バイエヌ)の豆皿


何を当たり前のことを…と思うんですが、本当に最近実感していて、テキトーに買ったものって大事にできないのです。

納得できない物を買うと陥る負の連鎖

  1. 「なんかこれ違うなー」って思いながら使う。
  2. 使うとテンション下がるから使う頻度が低下
  3. 最終的に使わなくなる
  4. ゴミと化す

こんまりさんの「ときめきの法則」って最初聞いたときに「ときめくものだけ残してたら最終的に何も残らないんじゃ?」と思ったものですが、よくよく考えると私ときめくものに囲まれてるなー、と実感。しかも年々周りにあるアイテムのときめき濃度が高くなっていっています。

できるだけひとつのアイテムを長く使い続けられるように、納得できる買い物を続けたいですね。それでは、また!

物の選び方のマインドは書籍から学ぶのもおすすめです▼

アイテム選びについては下記の記事もおすすめです

無印良品整理ボックスや木製ケースを活用!一人暮らし的冷蔵庫の中の整理・収納
こんにちは、ヨシノ(@nonizm)です。 さて、微妙なままだった冷蔵庫の中の収納をまた変えてみたのでレポートします。 まずは復習。...
セラーメイト「これは便利調味料びん」スッキリな冷蔵庫を実現
こんにちは、ヨシノ(@nonizm)です。 さて、調味料の要である醤油と、調味料びんについてです。 キッコーマン「いつでも新鮮シリー...

お気に召しましたら応援おねがいします

 
トラコミュ:丁寧な暮らし / こだわりアイテム / 生きる上で大切なこと

Facebook:日常の本懐 on Facebook
Twitter :@nonizm

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter でヨシノを

シェアする

フォローする