徹底レビュー!ダイソンのコードレスハンディクリーナーDC34使ってみた

こんにちは、ヨシノ(@nonizm)です。

さて、毎週ゴルフばっかりやって私を放置している彼がゴルフコンペでダイソンのコードレスハンディクリーナーDC34を当ててきて、それをくれたので(何せヤツはダイソンのコードレスクリーナーを持っている)、使った感想をレポートします。

スポンサーリンク

嬉しい反面、インテリア的にどうなの?ダイソンのコードレスハンディクリーナーDC34

我が家にダイソンのコードレスハンディクリーナーDC34がやってきた!
まずはビジュアルを確認した時に出た感想は「赤かー!」でした。

赤…うちのインテリアに調和は絶対しない。というかダイソンの掃除機のうちどれも調和しない。

なんで海外の掃除機ってあんなにトランスフォーマーっぽいのか、といつも思う。ダイソンてイギリスの会社のはずなのにもうちょっとカッコイイデザインとかないのか?…とかブツブツ文句言いながらも有難くいただきました。(我ながら酷い)

我が家で使っている掃除機は2年前に買った安物の掃除機。

これの前の機種▼

正直、最安値でも25000円オーバーの掃除機には抗えないわけで。わーい、うっれしーなー!と思いつつ、使ってみました。でもビジュアルは気に入ってないんだからね!(無駄にツンデレぶる)

スポンサーリンク

ダイソンのコードレスハンディクリーナーDC34を実際に使ってみた

我が家にダイソンのコードレスハンディクリーナーDC34がやってきた!

ノズルは3種類(隙間ノズル/コンビネーションノズル/フトンツール)


ハンディクリーナーDC34はコードレスです。当たり前だけど、充電時間があります。使うモードによって使用できる時間も変わる模様。

ハンディクリーナーDC34の充電時間とフル充電して使用できる分数

  • 約三時間半の充電が必要
  • 使用については、強モードと通常モードがある
  • 強モードはフル充電で約6分使用可能
  • 通常モードはフル充電で約15分使用可能

ざっくり仕様を書くとこんなかんじ、

正直15分あれば十分だけど、6分だとちょっと短いな、という印象です。ただ「他のハンディクリーナーの2倍の吸引力」と謳うだけあって、通常モードでも十分な吸引力。

正直使い分け方わかりませんです。(笑)カーペットの上とかは強モードがいいのかな。

スポンサーリンク

ダイソンのコードレスハンディクリーナーDC34のイイトコ・オシイトコ

我が家にダイソンのコードレスハンディクリーナーDC34がやってきた!

ワンタッチでゴミが捨てやすい!素敵!

使ってみて良かったところ

  • デフォルトのコンビネーションノズルが便利!ブラシ有・無で使い分けができる
  • コードレス最高。コードに左右されないって当たり前だけど素敵。
  • ノズルが小さいし、隙間用ノズルもあるので、今までできなかった隙間がしっかり掃除できる
  • 小さくて軽いので、高いところでも軽々持ち上げられるし、狭いところもイケる!
  • ゴミ捨て簡単!ゴミの容量は少ないけど、これだけ簡単だと全く苦にならない
  • 海外メーカーの割に説明書が簡潔わかりやすくて好印象。(これ気になるのは完全職業病)

使ってみてイマイチだと思ったところ

  • ハンディタイプなので、立ちながら楽に掃除機かけるっていうかんじではない。長時間やってると腰痛めそう
  • ノズルが小さくて、広範囲が苦手
  • フィルター洗うのめんどい

まー、MAXで15分なので、腰痛めるというほどではないですが、もうちょっと広範囲やるときに楽だといいのになーというかんじです。それだとハンディの範囲超えるのか。

音については、さほど気になりませんでした。凄いうるさいわけではなく、一般的な掃除機と同じくらいかなーというかんじ。

どんなにビジュアルがアレでも、機能はやっぱり素晴らしいハンディクリーナーDC34

というわけで、実際使ってみたらメロメロになりました。

なんだろうな。全く見た目好みじゃないのに、いざ付き合って見たら高収入だし、めっちゃ優しいし、気が利く彼氏で、最初は「まあ、付き合ってやってもいいか」くらいのテンションだったのに、今はもう離れられない、いや捨てられるのが怖い!ぐらいなテンションです。(何それ)

欠点を凌駕する美点があるって素晴らしい。予想以上に使いやすかったので驚きました。

前使ってた掃除機(TWINBIRD サイクロンスティック型クリーナー)は即効廃品回収に出した

我が家にダイソンのコードレスハンディクリーナーDC34がやってきた!

元カレ…もとい、以前使ってた掃除機のTWINBIRD サイクロンスティック型クリーナー


ちなみに前使っていたTWINBIRD サイクロンスティック型クリーナーは3000円足らずというお値段の割りに、掃除機としては最低限の仕事もしてくれたし、ビジュアル的にもまあまあ好みだったのですが、ダイソンDC34を初めて使った翌日に、家の前を廃品回収車が通りかかったので、540円払って即効サヨナラした。

ホラ、あたしぃ、二股かけるタイプじゃないじゃないですかぁ~。(悪ノリが過ぎる件)

ちなみにこの掃除機、家電好きの父親に「ちょww消費電力230Wってwwおもちゃかwww」と爆笑されたシロモノ。吸引力ないって感じたことなかったけどね…。

ダイソンは付属品も充実してて、公式HP見てたら色々欲しくなってしまいました。お布団のダニとか吸ってくれるフトンツールはまだ使っていないので、また使ったらレポートしますね。それでは、また!

こうなってくると広範囲用にマキタさんが欲しい…

生活家電については下記の記事もおすすめです

http://nonizm.com/gadget/post-5250/

トースターの必要性&掃除が簡単でおしゃれなおすすめ人気機種
こんにちは、ヨシノ(@nonizm)です。 年末にした大掃除の一部をご紹介。ついでにアイテム紹介も。 そもそもオーブントースターって...
http://nonizm.com/gadget/post-2421/

お気に召しましたら応援おねがいします

 

Facebook:正直ひとり暮らし on Facebook
Twitter :@nonizm

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter でヨシノを

シェアする

フォローする