30代デイリーメイクにアイシャドウのベースカラーは不要です

こんにちは、ヨシノ(@nonizm)です。

ここ数年自分の中で当たり前になってたことを書いてみようと思います。

スポンサーリンク

アイシャドウのパレット、どれからなくなる?

30代デイリーメイクにアイシャドウのベースカラーは不要です
先日会社のアラフィフマダム会に混ぜていただいた時に、コスメの話になりました。

「アイシャドウのベースカラーがなくなってきたらそろそろ新しいの欲しい」とある方が話していたのを聞いて、「あ、普通はアイシャドウのパレットってベースカラーからなくなるもんなんだっけ」って新鮮に感じたのです。

↑の写真は私が現在使っているアイシャドウパレットです。綺麗じゃなくてすみません;ただご覧のとおりミドルカラーの明るいほうが一番減っているのがわかると思います。

何故かというと私は会社しか行かない日などのメイクはベースカラーをほぼ使っていないのです。私にとってはベースカラーはあんまり減らない存在(笑)

スポンサーリンク

アイシャドウのベースカラーは不要

20160702_02
年齢やその人の肌質などにもよると思うのですが、私は30代のデイリーメイクだったらアイシャドウのベースカラーは不要だと思っています。

普通にデパートなどでタッチアップしてもらうと「ベースカラーをアイホール全体に」っていう使い方を推奨されますよね。

一番広い面に使うので、推奨される使い方をそのまましている方はベースカラーが一番最初になくなるのだと思います。

理由1:30代で上まぶたそんなにくすんでますか?

30代デイリーメイクにアイシャドウのベースカラーは不要です

パレットアイシャドウの色の種類と役割(ざっくり)


最近よく思うのですが、メーカーの推奨の使い方でメイクすればそれはそれで楽なんですけど、骨格は十人十色なのに均一化されたメイクの仕方で本当の良いのかって改めて考えるべきだと思うのです。

アイシャドウのベースカラーは基本的にくすみを飛ばしたり、地肌を綺麗に見せたりっていう効果を狙っているものです。

だけど、そもそもファンデーションを塗っても隠せないくらい30代で上まぶたってそんなにくすんでますかね?

眼精疲労や血流の悪さで目の下のくまが目立つっていうことはあると思うんですけど、目の上をラメやパールの入ったベースカラーでまるっと塗りつぶす必要って私は全然感じません。

立体感を出すのであれば上まぶた全体に乗せる必要はないし、そもそも上まぶたがくすんでいるのであれば、スキンケアの際にリンパマッサージしたほうが余程効果的だと思う。

今は下地もハイライトもアイテムが充実しているので、「アイシャドウでわざわざそれやらなくてもよくない?」という気持ちが私は強いです。もちろん年齢や肌質によって違うので、自分にあってるメイクだと思えればそれでいいのですが。

理由2:そもそも今はナチュラルメイクが主流

30代デイリーメイクにアイシャドウのベースカラーは不要です

素材によりすぎることも真理ですが


私2か月に1回美容院に行くんですが、その時は必ず美容雑誌を読むようにしています。

ファッションよりは移り変わりがゆるやかですけど、メイクにももちろん流行があってある程度抑えておかないと野暮ったいメイクをいつまでもしていることになります。

で、最近のメイク雑誌(10~20代だとup、20代後半以降は美的・マキア・VOCEみたいなくくりかな?)のメイクレシピ見てるとアイシャドウのベースカラー使ってるメイク滅多にないですね。

アイシャドウのミドルカラーをさっとひいて、アイラインひいておしまい!みたいなメイクが凄く多いです。私も好きなかんじのメイクレシピ見て「ここまでミニマム!?」って驚くレベル。

確かにアイホールにパールだのラメだのがしっかり入っているメイクは既に時代遅れのような印象を受けます。

もちろんメイク雑誌をまるっと真似しても自分にあうメイクにはなりませんが、最近のスタンダードはナチュラルメイク(骨格や素肌を活かすメイク)だということは覚えておいた方がいいかもしれないです。

理由3:仕事着とのバランスを考える

30代デイリーメイクにアイシャドウのベースカラーは不要です
わたしの場合、仕事着がオフィスカジュアルとも言えないレベルのカジュアルなので、メイクだけしっかりしてても浮くのです。

ベースカラーを使ったメイクってどうしても目元がワントーン明るくなってキラキラするので、メイクが濃く見えがちなので、顔と服のバランスが妙なことになります。

逆にきちっとした服でナチュラルメイクだと途端に手抜きでみすぼらしく見えるので、営業職で毎日しっかりスーツ着てる方なんかはしっかりベースカラーまで使ったメイクのほうが合うかもしれません。

仕事場での作りたいイメージにそってメイクの仕方を考えるのがおすすめ。

スポンサーリンク

アイシャドウのベースカラーをうまく使いこなす方法

とはいえ!折角4色あるなら4色全部使いこなしたいっていう気持ちももちろんあります。

私は普段アイシャドウのベースカラーは使いませんが、ちょっと時間ある時やほんの少し気合をいれたいとき(パーティーメイクとまではいかないレベル)はベースカラーをハイライト的に使います。

こんなかんじ▼

30代デイリーメイクにアイシャドウのベースカラーは不要です
まぶた全体にベースカラーはいれないものの、部分的に使うとすごく凹凸が感じられるようになるのがわかるでしょうか。

ハイライトを入れた部分が浮き上がって、その効果で彫りが深く見える。

アイシャドウのベースカラーをハイライトとして使う場合

骨格メイクって一歩間違えると悲惨なことになるので、ハイライトって使い方が難しいなーと思うことがあるのですが、これは簡単です。

30代デイリーメイクにアイシャドウのベースカラーは不要です

ハイライト入れる場所はここだ!

ハイライトの入れ方

  1. ベースカラーを使わずにミディアムカラーと締め色だけでグラデをつくる
  2. ベースカラーを指にとってまぶたの中心にポンとのせる
  3. がっつりついた場合はブラシでぼかせばできあがり(眉下も同様)

ポイントはハイライトが最後ということです。基本中の基本ですが、肌より明るい色は光であり、凸をつくる。肌より暗い色は影であり、凹をつくるということを改めて考えてみるとおのずとハイライト入れる場所もわかると思います。

自分のメイクを定期的にアップデートしよう

今回の内容については一概に言えない部分もあり、アイシャドウの使い方ひとつとっても本当に何通りもあって難しいんですが、流行だったり自分の活かせる部分、年齢、作りたいイメージなんかをふまえた上でメイクをするといいのかなって思います。

そしてそれを定期的に見直していくと年齢を重ねても義務じゃなくメイクを楽しめるのではないでしょうか。

別にメイクなんか楽しめなくていいっていう方も大勢いそうですが(笑)わたしはコスメが好きだし、どうせやるんだったら楽しくやりたい気持ちが強いです。

是非自分なりのデイリーメイク見つけてみてくださいね。それでは、また。

中野さんのメイクが一番好き▼

周囲をざわつかせたくはないwけど気になる▼

お気に召しましたら応援おねがいします

 

同じテーマのコミュニティ

更新情報をSNSから受け取れます

Facebook:日常の本懐 on Facebook
Twitter :@nonizm

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter でヨシノを

シェアする

フォローする