香水の付け方を30代で再度振り返る&おすすめレディースフレグランス

こんにちは、ヨシノ(@nonizm)です。

すっかり涼しくなってきたので、制汗とかって匂いを抑えるよりも香りを楽しむ時期になってきたので、香水のことを書きたいと思います。

スポンサーリンク

30代の私の香水との付き合い方

香水の付け方を30代で再度振り返る&おすすめレディースフレグランス

平日(仕事の時)は香水使ってません

普通に仕事勤めしている方だとどのくらいの割合で香水って使ってるんでしょうか。

私が鈍感なだけかもしれませんが、日常的に香水を使ってる人はかなり少ないイメージです。

業種、職種にもよるかと思いますが、私が働いている会社(25名ほど女性がいるフロア)では、たぶん2人くらいかなーというかんじ。

私も平日は香水は使いません。制汗剤とか使うことはありますが「香りをまとう」ということはしません。柔軟剤以上香水未満という香りの強いビーズも使わないし、どちらかというと無臭を目指しているかんじ。

香水使っている方の近くを通るとふわりといい香りがして素敵だなーと思うものの、仕事の時に必要か否かっていうことを考えると全然必要じゃないから私はしなくていいや、と思っています。

香りってかなり好き嫌いが分れるものだと思うので、おいそれとは付けられません。

例えば私ココナッツの香りが苦手なんですが、その香水を強烈につけてる人が職場にいたら困るなあ…などと想像すると、自分が良い香りだと思っても万人が良い匂いと思う香りはないので、わざわざ冒険しなくてもいいのかも、と思います。スメハラ加害者には絶対なりたくない!

どうしても香りに癒されたいっていうときは、好きな香りのハンドクリームを常備しておいて、短時間だけで楽しみます。

休日は気が向いたときだけ好きな香りをほんの少し

平日つけてないので、休日も付け忘れることが多いんですが(笑)たまに気が向いたときにつけています。

ただ狭い場所に長時間いるような予定やかしこまった食事の予定がある場合は避けます。

街遊びやアウトドアなどの広い場所で遊ぶ時はいいかな、と思う。あと密着するお酒の場とか。(料理の香りを邪魔しない程度にね)

スポンサーリンク

コスメカウンターのBAさんに教えてもらった香水の付け方とポイント

香水の付け方を30代で再度振り返る&おすすめレディースフレグランス

ポイント1.「香水はたちのぼるもの」と心得る

香水の香りは下から上にたちのぼるものだそうです。

なので、例えば首筋に香水をつけた場合は顔しか香りがしないわけです。

できればふんわりと全身から良い香りにしたい、と思うのであれば「腰から下が基本」まさに香りを纏う(まとう)イメージですね。

普通に考えてワンポイントから強烈に香るより、その人全体からふんわり香ったほうがイメージがいいのは間違いありません。

ポイント2.自分の適量を決めよう

正直付ける適量については、その香水の濃さによって全然違うので正解はありません。

少しずつ試しながら正解を見つけていくしかないかもしれません。しかも香水の場合スメハラを避けるのであれば主観じゃなくて客観的な判断が必要なのでちょっと難しいです。

香水の種類として4種類ほどあって、パルファン>オーデパルファン>オーデトワレ>オーデコロンという順で香りの持続時間が長いので、初心者の方はオーデトワレ、オーデコロンあたりから始めるといいかも。パルファン高いしね!

私は面倒なので(笑)「香水使うときはワンプッシュだけ!」と決めています。

そうすれば段々香りになれて付け過ぎることもないし、ワンプッシュであればそんなに強く香ることもありません。

スポンサーリンク

おすすめの香水の付け方

香水の付け方を30代で再度振り返る&おすすめレディースフレグランス

1.王道!手首につける。ただし耳の後ろや首はNG

王道な付け方として手首につけて、それを手首で擦り合わせて、そのまま耳の後ろに伸ばすっていうイメージがありますが、ディオールのBAさんに全力で否定された(笑)

香水は温度の変化に敏感なので、手首で擦りあわせたりすると摩擦熱で香りが変化したり消えたりしてしまうことが多いそう。基本は自然乾燥。

耳の裏などの顔周りにつけるのも「香水はたちのぼるもの」なので、基本は腰から下という原則からは外れます。

2.インナー、もしくは裏地につける

「腰につける」というのが割とスタンダードのようですが、私の場合、香水をつけるのは出掛ける直前なので(本当は30分前とかのほうがいいみたいですが)、その時はすでに服を着てしまっています。

そこでBAさんに教えてもらったのは「インナー、もしくはスカートの裏地につける」という方法。

これだと体温によって香りが変わりにくいし、香り方もそこまで主張しません。トップノートが好きな香水はこうやって付けることが多いかも。

どんなに強い香水でも1日経てば香りは飛ぶので、影響はありません。(洗濯するしね)ただ香水の中には色つきのものも多いので、洋服に使う際は注意。

3.ひざ裏、もしくは足首につける

「香水はたちのぼるもの」という前提に「全身に香りをまとう」ことを考えると実は一番いいのは「足首につけること」だと思います。

かなり感じる香りは弱めになるので、初心者の方は足から始めるのがおすすめ。

膝裏というのもよく聞く場所ですが、「脈打つ場所」「腰から下」ということを考えると一番最適な場所と言えるかも。

香らせたい強さで付ける場所を変えるといいかも

当たり前ですが、香りをつける場所が顔(というか鼻)に近いほど香りを強く感じます。

上記で紹介した付け方では(強く香る)1>2>3(弱く香る)というかんじです。

「いつもは腰に付けてるけど、この香水は香りが強めだから足首につけよう」とか「今日はデートだから接近戦勝負だ!胸元に香水オンで全力誘惑よ★(嘘です、やりません)」とか香水自体の強さとTOPを考えて、付け方を変えるのがおすすめ。

わたしの使っているおすすめの香水をご紹介!

ディオール アディクト2:ディオール

香水の付け方を30代で再度振り返る&おすすめレディースフレグランス

身にまとうと、自分をもっと好きになれそうな予感を秘めた香り。子供と大人の狭間で、若々しさとイノセントなセンシュアリティを醸し出します。広く愛されるフローラルフルーティーの香り。フレッシュなトップノートと、フローラル フルーティーなミドルノート。センシュアルなベースノートがチャーミングでナイーブなセクシーさを表現します。

@cosmeより引用

これ男女問わず恐ろしく評判のいい香り。この香りが嫌っていう人はあまりいないんじゃないかなーと思います。

フローラルだけど、甘ったるさはなくて爽やかなところが気に入ってます。春夏につけることが多いかな。

トップノートにグレープフルーツが混じってて、柑橘系の香り好きな私にとってはドツボ。ラストノートは苦手なムスク系(ホワイトムスク)なんですが、サンダルウッドが強めで気になりません。

20代の頃めっちゃ使ってましたが、なんとなく可愛すぎる気がして最近は使用頻度が落ちてきてますが、いつまでも好きな香り。

と思ったらリニューアルしてた!

イディール:ゲラン

香水の付け方を30代で再度振り返る&おすすめレディースフレグランス

愛する人へ贈る香りの花束「イディール」に、ピュアで軽やかな香りのオーデトワレが登場。上質なブルガリアンローズにこだわり、新たな素材を加えて創られたフレッシュなフラワーミストが、魅惑のラブストーリーを奏でます。

@cosmeより引用

なんとなくアディクト2の他にも香りのバリエーションがあるといいな、と思ったタイミングで出会った香り。

ゲランのカウンターで新製品なんですーと紹介してもらってすぐ買ったからかれこれ5年の付き合いかなあ。(もっと前な気がするけど)こちらは秋冬によく使います。

トップノートがズラン、シャクヤク、フリージアで可憐な女性っぽいイメージなんですが、ミドル、ラストと時間を経るにつ入れて大人っぽさが引き立つ香り。

実はラストノートのホワイトムスクが強いかんじはあまり好きではないんですが、トップノートの香りが好きすぎる!ただトップノートの印象だけで買うと「思てたんとちがう…」ってなるので必ずお試ししてからの購入をおすすめします。

私は27歳のときは微妙だと思ってたラストノートにしても30代に入った私に似合う香りになってきたのかなーと思います。

チャンス オーフレッシュ ヘアミスト:シャネル

香水の付け方を30代で再度振り返る&おすすめレディースフレグランス

きらめく スパークリング フレグランス。弾けるようなフレッシュ感にあふれた、みずみずしいファンタジーが広がる香り。軽いミストが髪全体を包み、やわらかに香ります。

@cosmeより引用

これは香水ではなく、ヘアミストです。

男性で使ってる方も多いというこのアイテム。チャンスは割と有名な香りだと思いますが、それにフレッシュさとスパイシーさが加わった爽やかだけど、セクシーな香り。この香りクセになるー!

これはどちらかというと男性に評判良い気がします。付けてると大抵「良い香りだねー」と言われます。通年気軽に使えます。

ヘアミストということで付ける場所を考える必要はありませんが、これかなり持続時間長いです。余裕で10時間くらいは良い香りする!!

香り持続する割に香り方は控えめなので、初心者さんにもおすすめ。でも顔周りなので自分的にはかなり香りが強めに感じます。(たぶん客観的には近づくと判る程度かなー)

香害・スメハラにならないようにTPOにあわせて楽しむフレグランス

香水の付け方を30代で再度振り返る&おすすめレディースフレグランス
香水って付けるとテンションあがるし、自分のアピール度が上がった気にもなるし、いい香りまとってる人っていいなーっていう気持ちも判るんですが、本当に「いい香り」と「香水くさい」は紙一重なので、使い方には注意が必要です。

最近はゲランのラ プティット ローブ ノワールが欲しいなーと思いつつ踏み切れないでおります。

香害・スメハラにならない、且つ自分の気持ちにフィットした香水との付き合い方を改めて考えてみるのもおすすめです。それでは、また!

香りについては下記の記事もおすすめです!

自分の部屋をSHIPSの香りに!SHIPSオリジナルエッセンシャルオイルに癒される
こんにちは、ヨシノ(@nonizm)です。 さて、ひとり暮らし開始前に「ひとり暮らし始めたら絶対に部屋をSHIPSの香りにするんだから...

http://nonizm.com/beauty/skincare/post-2208/
ゲランのラ プティット ローブ ノワールは「どの場所でも合う」という意図で黒のドレスという意味だそうで(BAさん情報)そう聞くと普段使いできる香水かーと欲しくなるわけで!(鴨)

お気に召しましたら応援おねがいします

 
トラコミュ:香水・アロマ・フレグランス日記 / 香水、フレグランス / ビューティー大好き! / コスメ全般(コスメティック/化粧品)

Facebook:日常の本懐 on Facebook
Twitter :@nonizm

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter でヨシノを

シェアする

フォローする